カッサで身体マッサージ

MENU

カッサで身体マッサージ

私が今はまっている美容法、といいますか、はまっているものは、カッサを使ってマッサージをする事です。
少し前に、テレビの通販番組でカッサのセットが紹介されていた時に、簡単な顔面のマッサージの仕方を教えていましたが、その時は手元にカッサがなくて、とっさに、手のひらでマッサージをしてみました。

 

それでも、力の加減などもあるでしょうが、血流が良くなったような気持ちがしました。
その後、ついにカッサを購入しました。

 

全身のマッサージに使えるそうです。
お腹の脂肪を下から上カッサをろに、上から下に、カッサで押し進めてマッサージをします。
足や、お尻などのセルライトにも働きかけるそうです。

 

ただ、マッサージの本を見ると、あまり力を入れないように、と書いてありますが、通販番組のマッサージは、結構力が要りました。
カッサマッサージが終わった跡には、顔が赤く、痛くなってしまうようです。でも、ひどい痛みではなく、心地好いといいますか、血流がよくなったのが分かるそうです。
私ですが、カッサマッサージを始めてから、もう1ヶ月近くたちますが、よく見たら顔が痩せたかなと思います。
ほんの少しですが、くびの年齢線がうすくなったような気がします。

 

くびの下から上に、あごまでカッサをもってきます。
少し痛いくらいがいいと思います。
カッサで、皮膚の脂肪をすくうような感じで、上に持ち上げます。

 

つぎはあごのラインにそって、移動してきた脂肪を後ろに流します。
耳の前をカッサでひたいに向かって動かします。
ひたいと、髪の生え際の間を、端から中央部に向かってカッサを滑らせます。
そのすぐ下を今度はひたいの中央から、端に向かって、カッサを動かし、こめかみをカッサのはしっこで、グリグリと押して刺激します。とてもよいマッサージだと思います。